RE:Education

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Vision

教育の機会を望む全ての子供に質の高い教育を提供できている社会を目指します。

 

初等教育において学ぶ意欲のある、ないに関わらず

十分な教育機会を自分の責任ではない他の要因(家庭の経済力、環境)によって

受けられない子供たちがたくさんいます。

初等教育の段階で置いていかれて勉強の機会を得られない子は

高等教育の選択肢さえ奪われてしまうのです。

だからこそ初等教育における教育格差に問題意識を抱いています。

 

 

Mission

教育×ソーシャルビジネスの力で解決を目指します。

 

初等教育において、学校と家庭に代わる

第三者となる教育系ソーシャルビジネスの設立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本プログラムの特徴

 

 

教育ベンチャーで圧倒的成長を

 

事前研修として、株式会社マナボでインターンをします。

 

①営業活動の基礎を学びます

②海外のEdtechを調査します

 

ここで得た経験を海外営業活動に活かします。

 

 

株式会社マナボ

 

「技術の力で、まずは日本の教育を変える。」

をコンセプトに、スマホ家庭教師manaboの提供を通して、多くの生徒が勉強できるような事業を展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外営業で自分の力を試してみませんか?

海外渡航先としてはシンガポール、香港、北欧のいすれかです。

海外営業で行うアクティビティとしては

①フィールドワーク

 現地のEdtechを調査します。

②海外営業

 現地の日系企業、教育系企業にアポイントを取り、研修受け入れの交渉を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Recruit

 

 

海外で自分の力を試してみたい人

教育に関心がある人

圧倒的成長を遂げたい人

大学生活何かに打ち込みたい人

TOEIC730以上を獲得している人

 

 

 

株式会社マナボ 小林佳徳様からのメッセージ

 

入学おめでとうございます。

これから始まる大学生活。その時間を使って何をしようか。
アルバイト、、サークル、、ボランティア・・・。

 

でも、せっかく参加するなら、将来の役に立つ経験を積みたい・・・

そんなアナタに今回のプログラムはピッタリかもしれません。

 

例えば

・いち早く社会人と一緒に仕事を経験することで、色々なスキルがどんどん身につく
・これまでの受験勉強や試験とは異なり、答えがない問題に取り組める力がつく
・ビジネスという切り口から見た『教育』を捉えることができるようになる
・もちろん海外インターンを通して、グローバルな視野が持てるようになる

そんなインターンプログラムになっています。

 

そうはいってもインターンは楽なことばかりではないかもしれません。
それでも、終わったあとには、きっと『参加してよかった』と思ってもらえる自信があります。

 

マナボはまだ社員数10名程度の若い会社ですが、『EdTech』と呼ばれる新しい領域にチャレンジしている会社です。
是非この機会に熱意ある方からのエントリー、待ってます。

 

マナボ執行役員 インターン採用責任者 小林佳徳

Challenge Yourself in the World

 

〈〈参加までの流れ〉〉

プログラム説明会(4/20)

応募開始(4/21)

応募締め切り(4/27)

面接(5/1)

面接(5/2)

決定(5/9)

 

 

 

 

Contact Us

Mail : yutaro.nagashima@aiesec.jp

【件名】RE:Education 名前

どんな些細な質問でもお答えします!

 

 

 

 

アイセック慶應義塾大学委員会

RE:Education 責任者 永島 悠太郎

  

コメントを残す