受け入れ事業

受け入れ事業とは

受け入れ事業としては、海外の学生さんが日本の企業でインターンシップするための一連の活動のお手伝いをしています。

世界中の学生と、日常的にメールやSkypeを通じて連絡を取り合いますし、
来日中の学生とも、慣れない日本での生活は苦労することも多いため、日本で生活する工夫を伝授したり、休日には東京の名所を観光したり、
日本に来てる海外の学生、実際に海外にいる学生、両方とも日頃から接する機会があります。そのため、必然的に英語にも接する頻度が多いです。

また、インターンシップに参加する学生さんはもちろん、
インターンシップを執り行う日本の企業の方ともお会いする機会があります。
社会人の方と接するので、基礎的なビジネスマナーであったり、
渉外スキルであったりを身につける必要があります。
学生のうちから、社会人の人とお会いして、一緒に何かをするという経験は中々得られないと思います。そんな緊張感と責任感を感じることができます。

受け入れ事業の魅力

人の人生を変えるという場に立ち会うことができるところです。

海外の学生からすると、日本での就業体験というものはとても価値があり、就活ではもちろんアドバンテージになりますし、滅多にない機会です。

そんな日本でのインターンシップは、彼らは今後の将来の進路等に大きな変化をもたらします。インターンシップを通じて、日本で就職をした参加者も数多くいて、「この経験をとることができて本当に良かった。このインターンシップがなかったら、今の僕はいない。」とまで、言ってくれた方もいます。

また、参加した学生がインターンシップを通じてたくましくなっていく姿を近くで見ている私たちも、彼らに刺激をもらい、変えさせられていきます。

このように、参加した学生の人生、そしてその周りの人たち、をも”変える”ことが出来るところが、この受け入れ事業の最大の魅力です。

 

アイセック慶應義塾大学委員会

副委員長 兼 受け入れ事業統括

稲葉 理沙子

コメントを残す